毒草一覧次の花
アルカネット


春の終りから秋にかけて青紫色の小さな花を咲かせてくれます。「Alkanna tinctoria」は根に赤い色素を持ち、古くから染料や化粧品に利用されてきました。


毒草名  アルカネット(Alkanet)、アルカンナ(Alkanna)、アンチューサ、牛舌草(ウシノシタグサ)
学 名  Anchusa officinalis、Alkanna tictoria
特 性  ムラサキ科 シノシダグサ属、淡い記憶の耐寒性多年草
花 期  4〜7月
毒部位  根
成 分  アルカニン(Alkannin)
症 状  肝機能障害


 

属名のアンチューサ(Anchusa)は、ギリシア語で「化粧料」「皮膚に塗る」と言った意味を示しています。一般に流通している薬用ハーブ「アルカネット」はAnchusa officinalis≠ナofficinalis≠ニは薬用の意味を持ちます。Alkanna tinctoria≠ヘ根に赤色色素を持ち染料に用いられています。tinctoria≠ニついたものは「伝統的な染料植物」の意味ですね。また、「アンチューサ」の名で流通しているのはAnchusa capensis≠フ園芸種「ブルーチャーム」が多いようです。他に鑑賞用として花穂の長いAnchusa azurea≠ネどもあります。なんだかややこしいですね。


-------- ブルーチャーム --------

 



-------- Anchusa azurea 'Dropmore' --------

 





≪MEMO≫
・アルカンナ色素:アルカネットの根より、エタノールで抽出して得られたもの。主色素はアルカニン。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS